肺がんと病期(ステージ)

肺がんを早期発見したい(症状や治療など)トップ > 肺がんについて肺がんと病期(ステージ)

肺がんと病期(ステージ)

非小細胞肺がん

がんの病巣の広がり具合で病気の進行を、潜伏がん、0、T、U、V、W期に分類します。
【潜伏がん】
がん細胞が痰の中に見つかっていますが、病巣部が肺のどこなのかが分からない非常に早期の段階です。
【0期】
がんは局所的に見つかっていますが、気管支をおおう細胞の一部のみにある早期の段階です。
【TA期】
がんが原発巣にとどまっていて、大きさは3cmを以下で、リンパ節や他の臓器に転移が認められない段階です。
【TB期】
がんが原発巣にとどまっていて、大きさは3cmを超え、リンパ節や他の臓器に転移が認められない段階です。
【UA期】
原発巣のがんの大きさは3cm以下で、原発巣と同じ側の肺門のリンパ節にがんの転移が認められますが、他の臓器には転移が認められない段階です。
【UB期】
原発巣のがんの大きさは3cmを超え、原発巣と同じ側の肺門のリンパ節にがんの転移が認められますが、他の臓器に転移が認められない段階です。
【VA期】
原発巣のがんが直接胸膜、胸壁に広がっていますが、転移は原発巣と同じ側の肺門のリンパ節まで、または、縦隔と言われる心臓や食道のある部分のリンパ節には認められますが、他の臓器には転移が認められない段階です。
【VB期】
原発巣のがんが直接縦隔に広がっていたり、胸膜へ転移をしていたり、胸水がたまっていたり、原発巣と反対側の縦隔、首の付け根のリンパ節に転移していますが、他の臓器には転移が認められない段階です。
【W期】
原発巣の他に、肺の他の場所、脳、肝臓、骨、副腎などの臓器に転移(遠隔転移)がある場合です。


スポンサードリンク

小細胞肺がん

小細胞肺がんでは、潜伏がん、0、T、U、V、W期などの分類とは他に、限局型、進展型に大きく分ける方法も使われています。
【限局型】
がんは片側の肺と近くのリンパ節に見つかる場合です。
【進展型】
がんは肺の外に広がり、がんの転移が身体のほかの臓器にも見つかる場合、いわゆる遠隔転移がある場合です。

肺がんについて

当サイトについて

Copyright(c) 肺がんを早期発見したい(症状や治療など) All rights reserved .