肺がんの転移

肺がんを早期発見したい(症状や治療など)トップ > 肺がんについて肺がんの転移

肺がんの転移

脳への転移

肺がんの転移の多くが脳に転移する場合です。主に血液を介して脳に転移します。特徴としては頭蓋骨の下で脳を覆っている硬膜に転移します。症状としては、けいれん、麻痺、感覚障害、人格変化、精神症状、ふらつきなどがあります。腫瘍が大きくなると頭痛、吐き気、嘔吐など頭蓋内圧が高くなった状態の症状が現れます。治療方法としては、切除、ガンマナイフ、薬物療法などがあります。


スポンサードリンク

骨への転移

肺がんの転移しやすい場所として骨があります。がん細胞は骨独特の新陳代謝の機能の1つを利用して増殖します。肺がんから転移しやすい骨の場所は、肋骨、胸椎、腰椎、骨盤、大腿骨などの身体の中心付近の骨です。現実には複数の箇所に転移します。骨転移の症状としては、腰や手足の痛み、神経麻痺、骨折、眠気や喉の渇きなどが起こります。治療方法としては、痛みには放射線治療や鎮痛剤、麻痺には脊髄の手術や放射線照射、骨折には強力な骨吸収抑制剤や放射線療法などがあります。

肝臓への転移

転移性肝臓がんは、消化器系からの転移が多く見られますが、全身に血液を介して酸素を送っている肺からの血液は門脈を通して肝臓に流れ込むため、肺がんからの肝臓転移も多く見られます。転移した直後は自覚症状がありませんが、腹部にしこりができたり、黄疸、浮腫、全身倦怠感などが現れてきます。肺がんが肝臓へ転移した場合は、血流による遠隔転移のためほぼ全身へ腫瘍が転移していると考えられるため、治療方法としては全身化学療法が用いられます。

肺がんについて

当サイトについて

Copyright(c) 肺がんを早期発見したい(症状や治療など) All rights reserved .