肺がんの手術

肺がんを早期発見したい(症状や治療など)トップ > 肺がんについて肺がんの手術

肺がんの手術

肺がんの手術の目的

肺がんの手術の目的は、病巣部を取り去ることですが、がんのできた場所の葉単位で切除する場合が多くあります。また、侵された部分が広い場合には左肺全摘出や右上中葉摘出という範囲にもなりますが、基本的には部分切除といい、腫瘍とその周りの正常な組織の一部のみを切除します。しかし、必要にして十分な切除は葉単位の切除とされています。したがって、腫瘍のある葉と周囲のリンパ節を摘出するのが標準的な手術です。


スポンサードリンク

開胸による手術のデメリット

開胸による手術は、肺がんの標準的な治療法として確立されている反面、胸の筋肉を切断するため、治療後も痛みが長く続き、患者さんへの負担もかなり大きなものになります。従来は、優秀な外科手術ほど大きく切開し徹底的にがんを切除するという治療を行ってきましたが、現在では、胸腔鏡手術という先端技術を駆使して患者さんにとって安全で、負担の少ない手術をすることが重要になってきました。

胸腔鏡手術のメリット

胸腔鏡手術は、身体の側面に2〜3cmの穴を4〜5箇所開け、胸腔鏡や自動縫合器などの器具をその穴から差し込んで、胸腔鏡で映し出したモニターを見ながら器具を操作します。これは、外科医にとっては非常に高度な技術を必要とする難しい手術です。しかし、通常の手術には体力的に耐えられない場合や、高齢者の方にも施術できる点が長所と言えます。

肺がんについて

当サイトについて

Copyright(c) 肺がんを早期発見したい(症状や治療など) All rights reserved .