肺がんの治療方法

肺がんを早期発見したい(症状や治療など)トップ > 肺がんについて肺がんの治療方法

肺がんの治療方法

外科療法

外科療法は比較的初期のがんに行います。肺は右の場合上葉、中葉、下葉と分かれ、左の場合は上葉と下葉に分かれています。この部分を病巣の大きさにより摘出するか、がんが進行している場合は全部を摘出します。また、リンパ節に転移がないかどうか確かめるためにリンパ節切除も行います。非小細胞がんの場合あまり進行しているとほとんどの部分を摘出しなければならず、後に肺の機能が著しく低下する場合は、抗がん剤の治療になります。小細胞がんでは極めて早期の場合のみが手術の対象になります。


スポンサードリンク

放射線療法

放射線を使ってがん細胞を殺す方法です。放射線療法には2つの種類があり、1つは体外照射で、体外の機械を使ってがんに放射線を照射する治療法です。もう1つは体内照射で、放射線物質を密封した針、シーズ、ワイヤー、カテーテルをがんの内部やその近くに直接留置して、がん細胞に放射線を照射する治療法です。通常は身体の外から患部である肺やリンパ節に放射線を照射します。一般的に1日1回、週5回照射し、5〜6週間の治療期間を必要とします。

化学療法

化学療法とは抗がん剤を使って、がん細胞を縮小させたり無くすために、全身に対して行う治療法です。小細胞がんの場合、化学療法が有効な場合が多いのですが、非小細胞がんは抗がん剤があまり有効ではなく、現状では抗がん剤のみでがんを治療することは不可能です。化学療法単独で治療を行う場合もありますが、最近では手術や放射線治療に化学療法を組み合わせる治療も積極的に行われるようになりました。このように色々な治療法を組み合わせて行う治療を集学的治療と呼んでいます。

医師を目指すために

医学関係に将来関わりたいと思うなら、医師になるための医学部受験は避けられません。医学部といえば偏差値も高くかなりの難関のため、不得意分野があるとしてもしっかりとカバーする必要があります。
もし数学が不得意な場合は、そのような理数系に強い予備校に通うことをお勧めします。そのような予備校の一つにこちらの予備校があります。

数学力を特に伸ばすことに特化した予備校で、個別指導により確実に苦手分野を克服することが出来ると思います。もし、数学が苦手な場合は是非お勧めです。

肺がんについて

当サイトについて

Copyright(c) 肺がんを早期発見したい(症状や治療など) All rights reserved .