肺がんの検査

肺がんを早期発見したい(症状や治療など)トップ > 肺がんについて肺がんの検査

肺がんの検査

胸部X線写真

単純X線写真は、立体を平面の写真に投影しています。そのため、肺を中心として考えた場合、骨、心臓、血管、横隔膜など邪魔なものがあり、それらの陰になったものが見えないという特性があります。胸部X線写真では、これらの臓器に隠れて見えない部分がかなり多く存在します。この欠点を補うものとして、肺尖撮影や断層撮影が行われていましたが、CTの導入により特殊な場合を除いて行われることがなくなりました。


スポンサードリンク

胸部CT・造影CT

CT撮影とは、体を輪切りにした画像で病巣部を発見するものです。最新のものはより細かく、また一気に撮影できるので、ブレやぼやけることがほとんどなく、息を止めている時間も少なくてすむので患者さんの負担もほとんどありません。また、造影CTは、造影剤を点滴しながらCTを撮影します。肺がんの診断で造影CTの最大の目的は、リンパ節への転移の確認です。リンパ節は正常な場合でも肺門部、縦隔にたくさんありますが、がんが転移すると大きくなります。

気管支鏡検査

直径6mm程度のファイバーを鼻または、口から挿入し、気管支の中を観察するものです。目的は、気管支の粘膜や気管支が塞がっていないかどうかの観察、病変部からの検体の採取、また、異物除去、レーザー照射などの治療です。病巣が確認できた場合、あるいはX線透視で病巣があった場合は、その部分を擦過または生検します。

肺がんについて

当サイトについて

Copyright(c) 肺がんを早期発見したい(症状や治療など) All rights reserved .