肺がんの初期症状

肺がんを早期発見したい(症状や治療など)トップ > 肺がんについて肺がんの初期症状

肺がんの初期症状

初期症状がほとんどない

肺がんに限らずがんの場合、初期症状がほとんど見られることがありません。自覚症状が現れた場合、がんの進行がかなり進んでいる場合が多くあります。では、肺がんの症状にはどのようなものがあるのでしょうか。肺がんで最も多く見られる症状には咳があります。通常のちょっとした咳ではわかりにくいのですが、1ヶ月以上も止まらないときは医師の診断を受けることをおすすめします。


スポンサードリンク

血痰は肺がんの初期症状

痰に血が混じるということは基本的にありません。血が混じっているということは、粘膜から一部出血しているということです。白い痰に赤い糸を引いたような痰や、血のかたまりが混じっていたりという場合には、放置せずにすぐに医師の診断を受けるようにしましょう。咳のし過ぎで喉の粘膜に傷がついていたり、他の疾患で血痰がでることもありますが、肺がんの初期症状であることも十分に考えられます。

その他の症状

その他、肺がんの症状としては、発熱や胸や背中の痛み、声が嗄れるなどの症状があります。どの症状も肺がんとは関係のないときも起こる症状なのであまり注意しない場合が多くありますが、これらの症状がでた場合には肺がんの可能性もあることを覚えておきましょう。肺の表面にできる扁平上皮がんなどは血痰や咳の症状が早くから出る場合があり、肺の奥のほうにできるがんの場合は初期症状が判りにくいのが特徴です。

肺がんについて

当サイトについて

Copyright(c) 肺がんを早期発見したい(症状や治療など) All rights reserved .