肺がんを早期発見したい(症状や治療など)

なぜ肺癌になるの?肺がんの原因について

がんは細胞の遺伝子が損傷することで変異して生じます。肺がんの場合は、タバコを吸うことによって肺の細胞の遺伝子が傷つきやすくなり、肺がんになりやすくなります。ただ、肺がんの原因は喫煙だけが原因ではありません。最近ではたばこを吸わないのに肺癌になる人が増えてきています。この場合の原因としては女性ホルモンや大気汚染が関係していると言われています。

COPDと肺がんの関係

COPDという病気をご存じでしょうか?これは別名「たばこ病」とも呼ばれる病気で、主にたばこによって慢性的に気管支に炎症を起こしたり、肺気腫になってしまう状態です。現在全国で530万人いると言われていますが、COPDに気が付いて治療している人はごくわずかとも言われています。
COPDに関する症状や治療などの詳しい説明はこちらの「COPD(慢性閉塞性肺疾患)を知る【たばこ病改善ねっと】」に詳しく書いてありますのでご参考ください。 このCOPDになっている人は肺がんの原因になるたばこを吸っている人が多いため、肺がんになる人も多くなります。そしてCOPDで肺がんとなってしまった場合、がんの手術が難しくなってしまいます。どちらもタバコが大きな原因ですから、禁煙はとっても大事です。

肺がんを早期発見したい(症状や治療など)トップへ

【おすすめ】
一生に一度の結婚式の思い出に似顔絵のウェルカムボードを作ってみませんか?
ご本人もみんなも喜ぶ似顔絵という形で、素敵な結婚パーティーをサポートします。

素敵なネイルサロンをお探しならコチラ。夜遅くまで営業しているネイルサロンが渋谷にあるC&Kネイルです。

肺がんについて

当サイトについて

Copyright(c) 肺がんを早期発見したい(症状や治療など) All rights reserved .